江戸時代に起こった改革の覚え方と徳川将軍の跡継ぎ問題

スポンサーリンク

こんにちは~。みやです。



江戸時代について知りたくて歴史の本とかwikiとか、徳川家についていろいろ調べてました。

徳川の将軍がいるのに、なんで田沼意次とか松平定信とか水野忠邦とか老中が出てくるんでしょうね?不思議に思ったことはないですか?

わたし、ずっと気になっていたので、今回調べてみたんです。

徳川家の跡継ぎ問題、長男が継ぐ(長男がいなくなった場合は残ったものの中で一番上の者が継ぐ)というならわしから、跡継ぎが子供だらけなんです。

いっぱい産めばいいじゃないと思うかもしれませんが、11代目が53人子供を作ったのですが半分しか成人できない時代だったのですよ。(しかし53人て…ww)

他にも言語障害がある人や、遊び呆けた人もいて、とてもじゃないけど将軍に政治をお任せできなかったのね~。だから老中が変わりにやってたんですね。納得です。

江戸時代に行われた改革、これはよく中学校の社会(歴史)問題によく出ます。

出しやすいですからね。で、覚え方です。

「競歩(享保)の タヌキ(田沼) 歓声(寛政)で テンポ(天保)良く」

「吉(吉宗)田(田沼)マ(松平)ミ(水野)」

これは中学生新聞のおまけについてた歴史の年表に書かれてあります。

覚えやすくてすごく良い語呂だと思います。(吉田マミって誰よ・・・ww)

うちの子たち2人ともこれで覚えてました。(トイレに年表貼ってあるからね。)

 

そして私がココ最近ずっと作っていた表がこれです。

将軍の年齢については(満◯歳)であったり、表記がまちまちなので大体このくらいだったという参考にしてください。あと多分、誤字があります。その辺は見逃してください。

将軍がどういう人だったのか死因は何だったのか、誰が変わりに政治を行っていたのかなどがわかります。

後半になるほど記述が多いのは、資料がそれだけ多かったからだと思います。江戸幕府は264年もありましたから。

でも、たった3年しか将軍をやってない人もいるんです。(6代目と7代目)

なっが・・・・ww

きーくん(中2)に真顔で言われました。

 

いろいろ読んでまとめるのが私の趣味なの!た・の・し・い・の!

りーちゃん(受験生)が幕末過ぎからが苦手っていうから、私も勉強し直してるの。

というわけで、この後はしばらく幕末・明治時代に没頭します。ではでは~。

コメント