ずっと忘れない地図記号の覚え方・視覚と意味のダブル効果で長期記憶

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。突然ですが、地図記号って今でも覚えていますか?

私、昨日テレビの番宣でたまたま地図記号を見まして、子どもたちと昔を懐かしんでおりました。

うちの子供達、地図記号は結構覚えているのだそうです。習ってからもう5~6年経っているのに。

 

なんだか懐かしくなったので、地図記号のことを調べてまとめてみました。

小中学生のお子さんにはきっと役に立ちますから、是非お子さんと一緒にご覧頂きたいです。

 

まず基本のこの2つ。

まとめてて気がついたんですが、地図記号って外側にマルがつくほど組織の規模が大きくなる(上にあがる)ようです。

この場合は区町村役場(◯)にもう一つ丸がつくと市役所(◎)になりますよね。組織の規模が大きくなりました。

小中学校も外側にマルがつくと高校になりましたね~。ほら上にあがった。

交番も外側にマルがつくと警察署になるんです。ほらより大きな組織になりました。

 

だから「どっちが小中学校でどっちが高校だ?」とか「どっちが交番でどっちが警察署だっけ?」っ忘れてしまっても、「マルがついているほうがより大きな組織」と覚えておけばもう迷わないと思いませんか?

 

さて次にいきましょう。

寺院の印は外国の方がナチスの象徴(逆まんじ)と勘違いする可能性があるという意見が出ており、2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて変更するか議論されていましたが、今回は見送られました。

 

次に十字が特徴的なこの3つです。

教会も病院も2020年に地図記号が変更されることが決まっています。

外国の方が見てもどんな施設か分かりやすいように変更されます。

そういえば◯で囲まれた地図記号は「役所の施設」が多い気がしますね。

 

さてさて、地図記号の問題で一番よく出題されるのがこの3つではないでしょうか。

紛らわしいですよね、これ。

でも形の説明を読んでください。

なるほど!と思いませんか。これを知ってたらこの3つは間違わないかもしれません。

 

郵便局は昔の呼び名である逓信省(ていしんしょう)の頭文字をカタカナにした「テ」なんですね。

昔は役所の施設だったから◯がついてるのかなぁ?

でも2020年に手紙の形に変更されます。外国の方は「テ」じゃわかりませんもんね~。

 

これらも形の説明を読むと覚えやすいですよ。

 

上の3つはすぐに分かると思います。

茶畑は「お茶の実」で、桑畑は「桑畑」で画像検索してみてください。

きっと「ああ~!」と思いますよ。

 

この中で問題なのが笹地と竹林です。どちらも同じ種類の植物ですが、一般には大型のものを「」、小型のものを「」と呼ぶそうです。

竹林は林なので、下に影がついています。

ね、覚えやすいでしょ?

 

 

実はまだ、すべての地図記号を網羅していません。(もう疲れちゃったww)

もし元気があったら、他のも追記しますね。それまでは自分でまとめてくださいね~。

※追記あり。

 

どうですか?地図記号は頭に入りましたか?

 

これを踏まえて、私は子どもたちにこういう問題をやらせていました。

なかなか面白くないですか?

 

他にも謎解き「犯人を探せ!」をしました。

問題は無限にできますから地図だけ描いて、即興で口頭でやったりしてました。

子供たちが問題を出したり、いろいろなアレンジできます。

百均でホワイトボードを買ってきて地図を描いたと思います。マグネットで地図記号を作っておけばいいかもしれませんね。

 

結構しつこくやったから、何年経っても地図記号を覚えているんだと思います。

コメント

  1. ゆかり より:

    とても面白い遊びですね
    最後の図書館で借りた図鑑が見れません
    ぜひ知りたいです

    • miya より:

      コメントありがとうございます。
      図鑑は見れませんでしたね。申し訳ないです。消しておきますね。